治療案内

適応症状

  • 腰痛 ギックリ腰 肩こり 頭痛 手の痺れ 足の痺れ
  • 神経痛 首の痛み 背中の痛み 姿勢の悪さ 下肢むくみ
  • ヘルニア 四十肩 五十肩 捻挫 etc
  • 身体の痛みでお悩みの方、お気軽にご相談ください。

 

治療器具の紹介

IMG_0910

トムソンベッド

トムソンテクニックとはアメリカのクレイ・トムソンD.C.によって開発されたカイロプラクティックの技法のひとつです。

トムソンテクニックは,ニュートンの慣性の法則を利用し,患者の体重とドロップメカニズムによって最小限の力で,最も安全に脊椎や骨盤,四肢,顎関節などの関節を矯正するテクニックです。

トムソンベッドは、このトムソンテクニックを効率よく施術できるように手助けしてくれる専用治療器具です。

 

IMG_0909

干渉波

干渉波治療の目的は、広範囲の筋肉を動かすこと・痛み緩和の2点です。
当院は、ムチウチ・坐骨神経痛・五十肩・膝の痛み・腰痛・肩こり・ケガの回復で使います。

筋肉を動かす目的も2点あります。
1点目は、普段動かせていないガチガチ筋肉を動かすこと。
岩のような硬さの肩こり、鉄板のような背中は、ほぐれやすくするため干渉波で筋を動かします。
2点目は、痛くて動かせないナヨナヨ筋肉を動かすこと。
ナヨナヨ筋肉になってしまったら筋肉を再教育しなげればいけないので干渉波で筋を動かします。
一回で見違えるようによくなるようなものではありませんが、効果的な療法です。

IMG_0912

ステレオダイネーター

ステレオダイネーター (立体動態波)とは、従来の低周波による電気治療器が皮膚の表面にしか流せなかったのに対して、ステレオダイネーターは三つの電極から「中周波」を流し、体の奥深くの深部の筋肉を刺激して痛みを取り除く事ができます。

※ ダイエット効果
このマシンの特長は「立体動態波」を使って筋肉にまで電気を送り込み人工的に筋肉に運動させるところです。化学的・医学的にも脂肪は筋肉の中でしか燃焼しないと言われ、筋肉を動かすことだけが確実な体脂肪の燃焼につながります。

SOTブロック

S.O.T(仙骨後頭骨テクニック)ブロック

アジャストメントによる施術ではなく、三角形のブロックと呼ばれる器具で施術をします。

CMRTでは上部僧帽筋の後頭骨の付着部を触診することにより、脊椎のサブラクセーションの場所を特定したり、臓器の機能を分析したりします。

他のテクニックに比べ、脊椎のサブラクセーションよりも頭蓋と骨盤のサブラクセーションを重視していうるテクニックです。

アクチベーター

アクティベーター・メソド

 アクティベータとは、体中をコントロールしている「神経系」をピンポイントで正常にする施術法で、「自然治癒力」を最大限に発揮させ、症状を改善することができます。

痛みもなく矯正できますので矯正による怖さの心配がありません。